トップ  > SQL*Plusの極意  > ファイルからの実行結果を表示するか否か
 



■ ファイルからの実行結果を表示するか否か  (●⌒∇⌒●) わーい

■ termout
⊂((●・д・●))⊃彡シュッ

SQL文をファイルから実行する場合、その表示結果を抑制することができます。
「show termout」で、現在のSQL*Plusの環境設定が確認できます。termoutがONに
設定されていれば、SQL*Plusからの直接入力によるSQL実行と、ファイルからの実行
における表示内容に差異はありません。

※「SELECT EMPNO,ENAME,COMM FROM EMP;」を記載したaaa.sqlというファイルを用意しました。

SQL> show termout
termout ON
SQL>SELECT EMPNO,ENAME,COMM FROM EMP;

     EMPNO ENAME                                COMM
---------- ------------------------------ ----------
      7369 SMITH
      7499 ALLEN                                 300
      7521 WARD                                  500
      7566 JONES
      7654 MARTIN                               1400
      7698 BLAKE
      7782 CLARK
      7788 SCOTT
      7839 KING
      7844 TURNER                                  0
      7876 ADAMS
      7900 JAMES
      7902 FORD
      7934 MILLER

14行が選択されました。

SQL>@aaa.sql

     EMPNO ENAME                                COMM
---------- ------------------------------ ----------
      7369 SMITH
      7499 ALLEN                                 300
      7521 WARD                                  500
      7566 JONES
      7654 MARTIN                               1400
      7698 BLAKE
      7782 CLARK
      7788 SCOTT
      7839 KING
      7844 TURNER                                  0
      7876 ADAMS
      7900 JAMES
      7902 FORD
      7934 MILLER

14行が選択されました。

SQL>

┏┫・д・┣━━●彡シュッ

ファイルからSQLを実行した場合の表示結果を非表示にするには「set termout off」
を実行します。「termout」は「term」と省略することもできます。

SQL> set termout off
SQL> show termout
termout OFF
SQL>SELECT EMPNO,ENAME,COMM FROM EMP;

     EMPNO ENAME                                COMM
---------- ------------------------------ ----------
      7369 SMITH
      7499 ALLEN                                 300
      7521 WARD                                  500
      7566 JONES
      7654 MARTIN                               1400
      7698 BLAKE
      7782 CLARK
      7788 SCOTT
      7839 KING
      7844 TURNER                                  0
      7876 ADAMS
      7900 JAMES
      7902 FORD
      7934 MILLER

14行が選択されました。

SQL>@aaa.sql
SQL>

( Γ・ω・)Γ

しかし、ファイルからの実行結果に対する表示を全く行わないので、SQLの実行エラーについても
知ることができなくなってしまいます。あまり、使い道は無いと思われます。