トップ  > SQL調査報告
 



■ SQL調査報告  (● ̄ー ̄●)ニヤリッ

 ORACLEを対象として、SQL文の実行計画を解析した調査報告です。調査概要をクリックすることで、トピックスに飛びます。

 調査概要 
01.  SELECT文のWHERE句で、索引付きの列に関数を使用 
02.  SELECT文のWHERE句に複数の条件を指定した場合の実行順序 
03.  集合演算子 UNION と UNION ALL について 
04.  UNION ALL と DISTINCT を組み合わせたSELECT文の検証 
05.  UNION と UNION ALL を組み合わせたSELECT文の検証
06.  UNION と DISTINCT を組み合わせたSELECT文の検証
07.  UNION と UNION ALLと DISTINCT を組み合わせたSELECT文の検証
08.  集合演算子 MINUS について
09.  複数の MINUS を組み合わせたSELECT文の検証
10.  MINUS と UNION, UNION ALL, DISTINCT を組み合わせたSELECT文の検証
11.  集計関数と分析関数の MAX( ) を検証
12.  ユーザ定義のファンクションをSELECT句に含める
13.  条件句に OR句 を使用したSELECT文の実行計画を検証
14.  条件句に OR句 と AND句 を使用したSELECT文の実行計画を検証
15.  OR句 を使用した場合と IN句 を使用した場合の実行計画を比較する
16.  転送速度を向上させるバルク・バインド(BULK BIND) ― SELECT
17.  転送速度を向上させるバルク・バインド(BULK BIND) ― INSERT
18.  転送速度を向上させるバルク・バインド(BULK BIND) ― UPDATE
19.  転送速度を向上させるバルク・バインド(BULK BIND) ― DELETE
20.  INSERTの時の重複データ回避手段の検証
21.  DECODE関数とCASE文の検証
22.  REPLACE関数の文字列処理速度の検証
23.  最大値・最小値を検索する場合のINDEXの使われ方を検証
24.  動的SQL文の性能測定(1) DBMS_SQLとOPEN-FOR-USING
25.  動的SQL文の性能測定(2) DBMS_SQLの一括FETCHとOPEN-FOR-USING