Excelスキルアップコレクション
           〜 Something U Want 〜


Google  

WWW を検索
Excelスキルアップコレクション内 を検索
 @     Top  >     Excel VBA スキルアップコレクション Topics  >     (17) フォルダの存在を調べる

 
(17) フォルダの存在を調べる

 VBAからフォルダの存在を調べる方法を紹介します。

 下記サンプルコードは、フォルダ「C:\Sample」配下にフォルダ「value」が存在するか否かを判別する処理のサンプルです。

 1行目:  Public Sub Sample_FolderExists_01()
 2行目:  
 3行目:      ' FileSystemObjectを作成する。
 4行目:      Dim Obj As Object
 5行目:      Set Obj = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
 6行目:  
 7行目:      ' フォルダの存在を確認する。
 8行目:      If Obj.FolderExists("C:\Sample\value") Then
 9行目:          MsgBox "存在します"
10行目:      Else
11行目:          MsgBox "存在しません"
12行目:      End If
13行目:      
14行目:      ' オブジェクトを破棄する。
15行目:      Set Obj = Nothing
16行目:  
17行目:  End Sub
 フォルダ「C:\Sample」配下にフォルダ「value」が存在していれば、このサンプルコードを実行した場合に以下のメッセージボックスが表示されます。
 フォルダではなく、ファイル「value」が存在している場合であっても、ファイルとフォルダをちゃんと区別して、メッセージボックスは「存在しません」と表示されます。
  
ページの先頭へ