Excelスキルアップコレクション
           〜 Something U Want 〜


Google  

WWW を検索
Excelスキルアップコレクション内 を検索
 @     Top  >     Excel スキルアップコレクション Topics  >     (26) フォントサイズの変更をキーボード操作だけで行う

 
(26) フォントサイズの変更をキーボード操作だけで行う

 セルA1に入力した文字列の大きさを変更したい場合、通常はフォントサイズプルダウンリストをマウスで操作します。

 マウスで操作する以外にも方法があるので紹介します。慣れてくると、フォントサイズの変更にわざわざマウスを握っていたことがばからしく思えますよ。

  フォントサイズの変更をしたいセルを選択して、CtrlShiftP を押下します。
  『セルの書式設定』ダイアログが起動するので、Tabを3回押下します。フォントサイズの欄にフォーカスが移動します。
  これで、十字キーのでフォントサイズが変更できます。フォントサイズの確定には、最後Enterを押下します。
  Excel2003では、CtrlShiftP を押下すると『セルの書式設定』ダイアログ起動することなく、直接フォントサイズプルダウンリストにフォーカスが移動します。この方が便利でしたね…。
ページの先頭へ