Excelスキルアップコレクション
           〜 Something U Want 〜


Google  

WWW を検索
Excelスキルアップコレクション内 を検索
 @     Top  >     Excel スキルアップコレクション Topics  >     (13) ファイルを保存する際に個人情報を削除する

 
(13) ファイルを保存する際に個人情報を削除する

 Excelファイルにマウスカーソルを合わせると、ファイルの作成者として私の名前が表示されます。

 この名前を削除する方法を紹介します。

 自分が作成したファイルを他人に渡す場合、個人情報が残っていて良いか考えて、不要であれば削除しましょう。
 OfficeボタンExcelのオプション(I) をクリックします。
 【Excelのオプション】のセキュリティセンターを選択して、Microsoft Office Excel セキュリティセンターセキュリティセンターの設定(T)をクリックします。
 【セキュリティセンター】のプライバシーオプションを選択して、ドキュメント固有の設定のファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する(R) をオンにします。(※このチェックボックスをオンにできない状態になっている場合は、いったんドキュメント検査(I)をクリックして、ドキュメント内の個人情報を手動で削除する必要があります。)。
 CtrlS を押下してファイルを保存します。
 これで、ファイルに個人名が残らなくなります。
  


 個人情報は、ファイルのプロパティから直接削除することもできます。プロパティを開くには、ファイルを右クリックして、プロパティ(R) を選択します。

 ファイルのプロパティはファイルを選択してから AltEnter でも開くことができます。
【プロパティ】の概要から作者名を削除して OK をクリックします。
ページの先頭へ