Excelスキルアップコレクション
           〜 Something U Want 〜


Google  

WWW を検索
Excelスキルアップコレクション内 を検索
 @     Top  >     Excel スキルアップコレクション Topics  >     (05) オートフィルタで絞り込まれたデータの集計を算出する

 
(05) オートフィルタで絞り込まれたデータの集計を算出する

 表のオートフィルタを使って絞込みを行ったときに表示されているデータの集計値をシート上に表示させ方はご存知でしょうか?

 ExcelにはSUBTOTAL() 関数というものが用意されています。「オートフィルタ」機能と組み合わせて使用します。「オートフィルタ」の機能と合わせて覚えておきましょう。
 SUBTOTAL()関数を紹介します。

SUBTOTAL(集計方法, データ範囲)オートフィルタで絞り込まれたデータを{集計方法}に従って集計した値を返す関数
 集計方法には次の表に示す数字を当てはめます。
集計方法関数
1平均
2個数
3空白でない個数
4最大値
5最小値
6
7標準偏差
8母集団全体に基づく標準偏差
9合計
10分散
11母集団全体に基づく分散
 セル"D2"、"E2"、"F2"に次の数式を入力します。

 ・ セル"D2" … 「=SUBTOTAL(9,B3:B12)」
 ・ セル"E2" … 「=SUBTOTAL(1,B3:B12)」
 ・ セル"F2" … 「=SUBTOTAL(2,B3:B12)」
 「機器名」を「ノートPC」に絞り込みます。
  
ページの先頭へ