■□■ AutoSQLIndent ■□■
テストケース

【テストケース】

【確認バージョン】

 確認バージョンは 「AutoSQLIndent です。

※このページは、 「AutoSQLIndent」 の動作確認ページです。SQL文の細かい整形ルールを変更することはできません。是非、正規版をダウンロードしてお試し下さい。

【確認内容】

 データ定義のSQLをテストしました。 「AutoSQLIndent」 の整形処理は、シーケンスオブジェクト作成命令文にて出現が予想される以下の予約語の直前で必ず改行を挿入します。

“INCREMENT“、“START“、“MAXVALUE“、“NOMAXVALUE“、“MINVALUE“、“NOMINVALUE“、“CYCLE“
、“NOCYCLE“、“CACHE“、“NOCACHE“、“NOORDER“

いざテスト!→